フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月25日 (金)

メシュラングルメ研究所 5月25日

さて、ブチカン・トランプの旅ですが、

先週は、長崎の伝統料理「卓袱」について、勉強しました。

お話をお伺いしたのは、長崎卓袱浜勝、総支配人、堀江さん。

 

長崎卓袱浜勝

Sippoku0525

長崎市鍛冶屋町6-50

095-826-8321

営業時間 11:30 - 22:00(O.S.20:30)

http://www.sippoku.jp/

 

Horie0525

今回は、その中でも、角煮にスポットを当てて、みました。

Kakuni0525

元々、中華から伝わった長崎の角煮。

中華は、蒸した後に味付けするのに対し、

長崎の角煮は、水煮という方法で、お湯でゆっくり煮て、味付けをしています。

なので、余計な脂が落ち、コラーゲンたっぷりな角煮に仕上がっているそうです。

ちなみに、できあがるまでに3日間もかかります

また、地の食材、調味料に拘っていることで、他の地域とも違う味付けになります。

長崎卓袱浜勝では、豚は雲仙いきいきポーク

醤油、酒なども長崎のものを使うそうですよ。

そして、各地に伝わる角煮は、長崎が出発点ではないかという話です。

長崎には、出島もありましたので、各藩の屋敷も多数ありました。

島津のお殿様は、長崎の卓袱が大好きだったので、地元に料理人を連れて帰ったそうです。

そこで生まれたのが、鹿児島の角煮。

当然、地元の食材を使うので、黒豚や焼酎を使った料理に生まれ変わったという訳です。

長崎の卓袱、そして、角煮は、凄い歴史のある食べ物だったんですね。

 

この長崎卓袱浜勝さんは、長崎市内に数ある卓袱料理のお店の中でも、

予約なしで、しかも、1人から食べられるという、素敵なお店です。

是非、長崎に行って、本場で雰囲気を味わいながら卓袱を食べて下さいね!

そして、今日はなんと、この長崎卓袱浜勝さんの、

角煮4個入りを3名様にプレゼントします!!

 

締め切りは、本日の番組中

 

FAX : 092-526-5300

Eメール : butch@fmfukuoka.jp

 

ブチカン日本食遺産を探す、トランプの旅、これで、最初の旅は、終了です。

来週は、トランプで新たな場所を決定したいと思います。

お楽しみに!

 

以上、メシュラン、グルメ研究所でした。

 

2012年5月18日 (金)

メシュラングルメ研究所 5月18日

さて、ブチカン・トランプの旅です。

アジを訪ねてあちこち行きましたが、

せっかく長崎まで行ったので、もっと長崎名物がないか、探したんです。

そうしたら、皆さん、忘れていませんか?

長崎の伝統料理「卓袱」

長崎には、様々な卓袱のお店があるんですけど、

その中で、長崎卓袱浜勝というお店があるじゃないですか!!

長崎卓袱浜勝

Sippoku1

長崎市鍛冶屋町6-50

095-826-8321

営業時間 11:30 - 22:00(O.S.20:30)

http://www.sippoku.jp/

ということで、そこの総支配人、堀江さんに、長崎の卓袱について、お伺いしました!

Sippoku2

卓袱は、元々お寺の精進料理だったものが、家庭料理を経て、

中国とオランダの料理の影響を受けて出来た、おもてなし料理。

和華蘭料理(わからんりょうり)とも言われます。

幕末の志士たちも、上下の分け隔てがないスタイルを気に入って、よく食べていました。

坂本龍馬も大好物だったようです。

卓袱の特徴は、当時贅沢だった砂糖をふんだんに使うので、甘めな味付け

最初にまず、「お鰭(おひれ)」という吸い物が出ます。

Sippoku3

乾杯よりも、「お鰭」を食べることが先です。

Sippoku4

ちなみに、男は、最初に菜を上げて、最後に少し残すそうです。

名を上げて、名を残す」にかけたんですね。

中身に関して言えば、

Sippoku5

はとし : 海老のすり身をパンに挟んで揚げたもの

角煮 : 中国のものとも味付けは違います

牛かん : 魚と牛肉のすり身をあわせたもの(季節物)

などなど

最後は、「梅椀」というお汁粉が出ます。

Sippoku6

すり身が多いのは、やはり、長崎の家庭料理が出発点だからです。

ところで、この長崎卓袱浜勝さんは、長崎市内に数ある卓袱料理のお店の中でも、

予約なしで、しかも、1人から食べられるという、素敵なお店です。

Sippoku7

で、是非、長崎に行って、本場で雰囲気を味わいながら卓袱を食べて頂きたい!

ということで、なんと、この長崎卓袱浜勝さんの、

「卓袱カピタンコース」(1人7350円)を、ペア1組の方にプレゼントします!!

この店の名物「甘鯛の石焼」も入っています!

是非、長崎に旅行に行って、坂本龍馬の気分になって、食べてみてください!!

締め切りは、本日の番組中

FAX : 092-526-5300

Eメール : butch@fmfukuoka.jp

我々は、ブチカン日本食遺産を探しているわけですので、

来週は、さらに突っ込んだところをお聞きしました。

そちらもお楽しみに!

来週も、プレゼントがありますよ!!

以上、メシュラン、グルメ研究所でした。

2012年5月11日 (金)

メシュラングルメ研究所 5月11日

さて、ブチカン・トランプの旅ですが、野母崎の朝市の方に、アジは家庭の味と教えられ、

ご紹介された、アジを獲っている巻網船団の会社、音丸水産を訪ね、

京泊にある、すり身加工所、最後に、杉永蒲鉾さんへ たどり着きました。

で、京泊には、長崎魚市というとても大きな魚市場がありますが、

そのすぐ近くに、魚や野菜の産直のお店があったので、突撃しました!!

 

長崎漁港 がんばランド

Ganba1

長崎市京泊3丁目1928-20

095-850-5500

http://ganbaland.jp/

営業時間 9:00 - 19:00 

Ganba2

マリン商会の清水さんにお話をお伺いしました。

Ganba3

長崎の美味しい魚と野菜を直売しているお店です。人がいっぱい。

Ganba4

毎週木曜日、朝9時から恒例の大サービスで、お魚を袋に詰め放題で500円があります。

お魚がちょっとでも袋に入っていれば良いとのこと。

ブリの5kgなどの目玉商品があるので、沢山の人で賑わうそうです。

 

そして、さすが「かんぼこ王国」!朝から何回も補充して、すっからかんになるそうです。

Ganba5

杉永蒲鉾さんの商品もありました。

 

野菜も、近所の農家が朝から採れたてを持って来て、並べています。

また、それらの素材を活かした、レストランや回転寿司屋も併設しています。

 

長崎で一番美味しい魚は?と尋ねると、やはり「あじ」。

Ganba6

潮の流れの速い所に生息しているので、身が締まって脂がのっています。

特に「ごんあじ」は美味しいそうです。

Ganba7

「ごんあじ」とは、長崎県の五島灘に生息している黄金色をした瀬付きのマアジです。

今の時期だと、桜鯛も美味しいそうです。

3~6月頃産卵の為に浅瀬に来る鯛で、脂がのって美味しいはず。

 

決して街中にあるわけではないのですが、車がいっぱいで、お客様もいっぱいでした。

そして、今回は、このがんばランドから直送のプレゼントがあります!!

美味しそうな、「牧島流 鯵茶漬け」。

様々なテレビ番組や、雑誌でも大絶賛された、人気商品です。

長崎市牧島町は、漁師の町で、昔からこの鯵茶漬けを食べていたそうです。

今回は、梅味、塩味、ゆず味の3パック、計9食分をセットでプレゼントします!

クール便で届きます!

 

応募方法などは、番組で!

お楽しみに!

 

とんかつ 浜勝 渡辺通り店で、発売中の我々の作った、第2弾のメニュー、

おつまみセットメニューが、5月13日までとなりました。

「ねばりっこの浅漬け」、「すじ味噌煮込み」、「ねばりっこの磯辺揚げ」、

そして、我々と浜勝さんで作った「かまコレ」3種類の中から1つ選んでもらって、

「ぶらぶら漬けの味噌焼きおにぎり」までがセットになっています。

全5品で1380円!2人で頼んだら、1人700円を切ります!!

めちゃめちゃお得なセットメニューになっています。ちょい飲みにぴったりです!

 

とんかつ 浜勝 渡辺通り店さんは、FM福岡のすぐ近く。東映ホテルの1階にあります。

ぜひ、立ち寄って、私達が作った居酒屋メニューを食べてみて下さい。

夜の12時半まで開いています。

飲んだ後に丁度よいメニューもありますよ!

 

以上、メシュラン、グルメ研究所でした。

 

 

2012年5月 4日 (金)

メシュラングルメ研究所 5月4日

さて、ブチカン・トランプの旅ですが、野母崎の朝市の方に、アジは家庭の味と教えられ、

ご紹介されたアジを獲っている巻網船団の会社、音丸水産を訪ね、

そのアジをすり身にする加工所にたどり着きました。

そこで、紹介されたのが、・・・・・杉永蒲鉾さんです!!

201205suginaga1

アジの蒲鉾だけでも、何種類もあります。

長崎の蒲鉾は、全て石臼仕込みですが、熟成の方法がいくつもあります。

その中でも、「低温座り」=冷蔵庫で低温熟成させたものが、長崎独特の蒲鉾になります。

こうすると、蒲鉾の表面にシワが入るので、すぐに分かります。

揚げた時に、一度広がり、それから縮むことで、空気が入り、歯切れが良くなります。

また、熟成させることで、旨みも出てくるそうです。

もちろん、石臼から、すぐに蒲鉾にする、昔ながらのものもあります。

201205suginaga2

これが、全てアジの蒲鉾です。色が違いますし、シワの入り方も違います。

 

そして、気取ったアジア人のショット

201205suginaga3

手に持っているノートをよく見ると・・・杉永蒲鉾さんのオリジナル・スケジュール帳

今回は、これと、長崎かんぼこ王国のシールをセットでプレゼントします。

シールは、王国のゆるキャラ勢揃いになっています。

 

さあ、来週は、港近くの直売所に行って来たので、その模様をお送りします。

もちろん、素敵なプレゼントも手に入れました。

お楽しみに!

 

というところで、我々の作った、第2弾のメニュー、おつまみセットメニューが、

とんかつ 浜勝 渡辺通り店で、発売中です!

「ねばりっこの浅漬け」、「すじ味噌煮込み」、「ねばりっこの磯辺揚げ」、

そして、我々と浜勝さんで作った「かまコレ」3種類の中から1つ選んでもらって、

「ぶらぶら漬けの味噌焼きおにぎり」までがセットになっています。

全5品で1380円!2人で頼んだら、1人700円を切ります!!

めちゃめちゃお得なセットメニューになっています。ちょい飲みにぴったりです!

 

とんかつ 浜勝 渡辺通り店さんは、FM福岡のすぐ近く。東映ホテルの1階にあります。

ぜひ、立ち寄って、私達が作った居酒屋メニューを食べてみて下さい。

夜の12時半まで開いています。

飲んだ後に丁度よいメニューもありますよ!

 

以上、メシュラン、グルメ研究所でした。