フォトアルバム
Powered by Six Apart

« メシュラングルメ研究所 3月24日 | メイン | メシュラングルメ研究所 3月31日 »

2017年3月31日 (金)

トレン道 3月31日 古賀鮮魚店 今が旬の魚介類、ベスト3!!

毎週、様々な話題のモノをご紹介!

今週のテーマは、古賀鮮魚店の古賀和秀さんに聞いた、

今が旬の魚介類、ベスト3!!

 

古賀鮮魚店

福岡市中央区春吉1-5-1 柳橋連合市場内

【TEL】092-712-1822

【営業時間】7:00 - 17:30

【天休日】日曜・祝日

 

柳橋連合市場にあるということで、卸をメインにしている鮮魚店ではありますが、

店舗を構えて、一般の人でも気軽に魚介類を買えるお店です。

たまには、プロが使う食材で料理してみるのもいいかもね!

(値段は取材時のものです。時価ですので変動します。)

 

 

第3位 【子持ちイイダコ】

頭の部分に卵が一番入っている時期です。

現在は、有明海から、どんどん水揚げされています。

有明海のイイダコは、身がとても柔らかく、大人気。

煮付けて食べると美味しいです。

100g300円くらいからあります。

 

2位 【カワハギ】

カワハギにも、「本カワハギ」と「ウマヅラカワハギ」の2種類あります。

今、一番良く獲れているのは、「ウマヅラカワハギ」。

白身でお刺身が美味しいのですが、「肝」がポイント!!

カワハギの刺身は、肝を入れた肝醤油で食べると、最高です!

この肝が一番大きくなるのが、この時期です。

古賀鮮魚店では、1匹(だいたい2、3人前)くらいの大きさのカワハギが、

活魚で生け簀で泳いでいます。800円から1000円くらいと、お手頃価格。

丸のままで購入して、お刺身にもしてもらえるので、安心です。

 

 

第1位 【初鰹】

黒潮にのって、南から北上してきた1本釣りの本鰹になります。

ようやく、宮崎、鹿児島辺りで獲れるようになりました。

ちなみに、鰹で人気なのは、10月頃がシーズンの「戻り鰹」です。

それに比べて初鰹は、脂は少ないのですが、鰹の香りを楽しむものになります。

東京では、高級魚になり、福岡の和食店でも、争奪戦になっています。

福岡にも鮮度の良い物が入ってきていて、ねっとりした食感を味わえます。

一般家庭では、1匹買いは難しいと思うので、サク(1500円から2000円)を用意。

これで、3、4人前にはなります。

やっぱり食べるなら、香ばしさもある、タタキが一番良いと思います。

 

 

ちなみに、古賀鮮魚店では、捌いてくれたり、刺身に卸したりもしてくれます。

朝7時から夕方5時までやっています。(日・祝日がお休み)

 

また、毎週土曜日、午後の柳橋連合市場は、鮮魚夕市ということで、

全店でお買い得になっているそうです。是非、お出かけください。

 

今、柳橋連合市場には、九州高校の生徒さんが作った「顔出しパネル」があります。

これが、観光客の皆さんにも大人気。是非、記念撮影しに来てください。

 

ということで、今週は、

福岡の台所、柳橋連合市場にある、古賀鮮魚店の古賀和秀さんに聞いた、

今が旬の魚介類、ベスト3! でした!

 

来週も、お楽しみに!